「変わりたい!」意識

Posted: 09.11.2016

皆様 Girls in Tech JapanのBusiness Development Manager 張璐(チョウロウ)と申します。 この度、2016年7月より、 正式に運営メンバとしてGirls in Tech Japanに加入致しました。 どうぞ宜しくお願い致します。 この場を借りて、自己紹介させて頂きます。   「直感の選択」 AikoさんとSayakaさん、Girls in Techとの出会いは、 偶然のようで運命のようにも感じています。   私は、学生の頃から電気情報分野を専攻し、 技術を極めたいと、入社後も通信設備の研究開発に携わっておりました。 当時の私は「保守的」かつ「変化を恐れる」人間でした。 与えられた任務に対しては、120%の力を出して務めるものの、 「挑戦」という選択肢は、なかったように思います。   挑戦して失敗するくらいなら、初めから冒険しなければいい!!   「本当はやってみたいけど、私になんて務まらない。」 思い込みで、多くのチャンスを自ら逃してきました。   入社3年目、ほんの少し変化が。。。   それまで技術畑にいた私ですが、 「技術だけではいけない!ビジネスのことを知り、ビジネス×技術を語れる人材とならなければ!」 という思いが膨らみ始めていました。   変わるなら今しかない! 挑戦しなければ、失敗はないが、成功することもない!   そこからが急発進でした。 新規ビジネス創造の半年間プログラムに応募し、 シアトルでビジネス案を審査してもらったり、 社内の新規事業開発のマネージャやメンバと繋がり、 弟子入りを申し込んだり、、、 どこでスイッチが入り、どうして急に行動力が出たのか、 自身でも分かりませんが、ただひとつ言えるのは、   一歩踏み出すまで物凄く勇気がいるけれど、 踏み出してしまえば、ハードルはそれほど高く感じなくなる!   ことです。 AikoさんとSayakaさんとの出会いはその頃でした。   とあるイベントで聞いた「Girls in Tech」についての5分間ピッチ。 これからたった2人で、この団体の日本支部を立ち上げるとのこと。 2人からとても熱いものを感じました!! プレゼンも終わらぬうちに、直感で、 一緒に盛り上げたい!という思いが湧き出ました。   「女性が自信をつけ、自身の新たな可能性を見つける機会」 私がそうであったように、 きっと「変わりたい」が、一歩踏み出せない方が多くいます。 それに対し、「変わるきっかけ」を与えられる機会を、 Girls in Techを通して提供できればと思っております。 私自身も、運営を通して、 Girls in Techと一緒に成長し、もっと変わっていきたいと考えています。         先日、日本初開催イベント@大阪を無事終えることができました。 改めまして、皆様本当にありがとうございました!! 初めてのイベント運営、勉強になることが沢山ありました。 反省点も良かった点も、次回に活かそうと思います。   次回イベントですが、年末に東京で実施致します。 12/17(土)@日本オラクル 詳細は今後発表していきます。 本イベントでもお会いできることを楽しみにしております。   皆様、今後ともGirls in Tech Japanを宜しくお願い致します。 9/3(土) Girls in Tech日本初開催イベント@大阪 集合写真   Girls in Tech Japan - Business Development Manager Ro Cho