6/16 Startup Hub Tokyoで話してきました!

Posted: 06.25.2017

Aikoです. 6/16(金)にStartup Hub Tokyoさんにて, 『会社を辞めないと起業できない?! ―様々な起業の選択肢―』 というイベントのパネルディスカッションに登壇してまいりました!     見て!この大勢の方々! Startup Hub Tokyo史上,最高人数の100人超えだったそうです!ご来場いただきありがとうございました!!! とっても緊張しました.笑 申し込み時点でお断りもしていたそうで,来られなかった方,大変申し訳ありません.   特に,会社員をしながら起業を志している方を対象に, ■企業にて取締役を務めながらAIベンチャー株式会社エクサインテリジェンス を立ち上げた粟生万琴さん ■企業に勤めながら社外にて新規事業担当の方々が集まるコミュニティー活動を続け,のちにノバルス株式会社を起業された 岡部 顕宏さん に混じって,いっちょ前に話させていただきました. ■モデレーターは 企業に勤めながら一般社団法人Work Design Lab を立ち上げ,「複業家」をされている石川 貴志さん でした. 粟生さんから事前に聞いていた通り,とても分かりやすく話を振っていただきましたし,イベント前に沢山話かけていただき,緊張が和らぎました.     そして,なんと言っても本当に驚いたのは,まず来ていただいていた方々の中で,私と同じように,パネルディスカッションに登壇出来るような活動をされている人が沢山いらっしゃったということ!!! 何かやろうとして迷ってる方もいらしたのですが,もう実は立ち上げちゃってて,どうするか迷っていると,言われるのです!     私は「ただの集まりです」といいながら,でも毎度同じような意識の人が集まって,お酒をかわしながらでも,とにかくしゃべっている,という集まりが大好きですし,すごく価値があるものと個人的に思っているので, どんな種類であってもどんな規模であってもコミュニティー作っちゃった人って本当に尊敬しております. ですので,本業のお勤めをされながら,社外で別の活動を推進されている方が,世の中こんなにいるのか!と,まず驚き,そしてなぜか不思議と心強く思えた機会でした. みんな頑張ってるんだから私もやれる!みたいな勇気が湧いてきました! (ここでコスイ私は,今日来てる人の人材プールめちゃ価値高いぞ,なんて思ってしまうほどでした!!! それほど驚いたのでした.)     こんな機会をいただいた,Startup Hub Tokyoの杉浦さん,野崎さん,ありがとうございました!     そして,毎度恒例の,イベント登壇に便乗しておきながら,イベント後に粟生さんに人生相談して帰りました.いつもありがとうございます粟生さん!   多くの方々と知り合いになれて本当にためになった機会でした. 私のお話が少しでもご来場者の参考になっていれば嬉しいです! ありがとうございました!      

「変わりたい!」意識

Posted: 09.11.2016

皆様 Girls in Tech JapanのBusiness Development Manager 張璐(チョウロウ)と申します。 この度、2016年7月より、 正式に運営メンバとしてGirls in Tech Japanに加入致しました。 どうぞ宜しくお願い致します。 この場を借りて、自己紹介させて頂きます。   「直感の選択」 AikoさんとSayakaさん、Girls in Techとの出会いは、 偶然のようで運命のようにも感じています。   私は、学生の頃から電気情報分野を専攻し、 技術を極めたいと、入社後も通信設備の研究開発に携わっておりました。 当時の私は「保守的」かつ「変化を恐れる」人間でした。 与えられた任務に対しては、120%の力を出して務めるものの、 「挑戦」という選択肢は、なかったように思います。   挑戦して失敗するくらいなら、初めから冒険しなければいい!!   「本当はやってみたいけど、私になんて務まらない。」 思い込みで、多くのチャンスを自ら逃してきました。   入社3年目、ほんの少し変化が。。。   それまで技術畑にいた私ですが、 「技術だけではいけない!ビジネスのことを知り、ビジネス×技術を語れる人材とならなければ!」 という思いが膨らみ始めていました。   変わるなら今しかない! 挑戦しなければ、失敗はないが、成功することもない!   そこからが急発進でした。 新規ビジネス創造の半年間プログラムに応募し、 シアトルでビジネス案を審査してもらったり、 社内の新規事業開発のマネージャやメンバと繋がり、 弟子入りを申し込んだり、、、 どこでスイッチが入り、どうして急に行動力が出たのか、 自身でも分かりませんが、ただひとつ言えるのは、   一歩踏み出すまで物凄く勇気がいるけれど、 踏み出してしまえば、ハードルはそれほど高く感じなくなる!   ことです。 AikoさんとSayakaさんとの出会いはその頃でした。   とあるイベントで聞いた「Girls in Tech」についての5分間ピッチ。 これからたった2人で、この団体の日本支部を立ち上げるとのこと。 2人からとても熱いものを感じました!! プレゼンも終わらぬうちに、直感で、 一緒に盛り上げたい!という思いが湧き出ました。   「女性が自信をつけ、自身の新たな可能性を見つける機会」 私がそうであったように、 きっと「変わりたい」が、一歩踏み出せない方が多くいます。 それに対し、「変わるきっかけ」を与えられる機会を、 Girls in Techを通して提供できればと思っております。 私自身も、運営を通して、 Girls in Techと一緒に成長し、もっと変わっていきたいと考えています。         先日、日本初開催イベント@大阪を無事終えることができました。 改めまして、皆様本当にありがとうございました!! 初めてのイベント運営、勉強になることが沢山ありました。 反省点も良かった点も、次回に活かそうと思います。   次回イベントですが、年末に東京で実施致します。 12/17(土)@日本オラクル 詳細は今後発表していきます。 本イベントでもお会いできることを楽しみにしております。   皆様、今後ともGirls in Tech Japanを宜しくお願い致します。 9/3(土) Girls in Tech日本初開催イベント@大阪 集合写真   Girls in Tech Japan - Business Development Manager Ro Cho  

Girls in Tech Japan始めたキッカケ

Posted: 07.05.2016

   こんにちは。Girls in Tech Japan運営メンバーのSayakaです。   Girls in Tech Japanの立ち上げを行う中で、「何故はじめようと思ったんですか?」とよく聞かれるのでまとめてみました。   始めたキッカケ   2016年2月に大阪市のシリコンバレーツアーに1週間参加して、海外で活躍する日本人や帰国して輝く女性の話を聞きました。 そこで「皆頑張ってる」「私もなにかやらなきゃ」と思って始めようと思いました。   帰国して、「じゃあ私は何をしたくて、何が出来るか」って考えました。   自分が好きな【テクノロジー】と【起業家精神】と【教育】の3つのキーワードは外せないと思いました。    また、私自身苦労した経験や課題だと感じていた部分を解決したいと思っていました。   【地方のテクノロジー業界と女性のギャップが大きすぎる】 【日本にいると世界と繋がる場所って中々ない】 【プログラミングを学びたい、テクノロジーや起業に興味があるけれども、最初にエンゲージできるコミュニティがない】   これらを解決できる何かをしようと思いました。   そして、出来ることは何か、というと 私は数年前にアメリカに1年留学し英語に対して抵抗はないので、海外と日本を繋げることは出来る、と考えました。   そこで色々調べるうちに出てきたのが、Girls in Techでした。 Girls in Techのキーワードが、【Women】【Tech】【Entrepreneurship】です。    GITが活動するときに焦点を当ててるのが、教育、エンゲージメント、エンパワーメントだったんですね。   私の持っていたキーワードと、課題に感じていたことが、ドンピシャにマッチしてました。   実際ホームページからは一体何をやってるのか分からなかったけれど(笑)、キーワードがドンピシャだったので、これの日本版をやろう、と決意しました。 これが私の始めたキッカケです!   お問い合わせ:sayaka.tanakaあっとgirlsintech.org  

全国の女性の皆様と、行くと必ず勇気が出る場を作りたいです!

Posted: 06.01.2016

皆様 Girls in tech JapanのManaging Directorを務めております,加藤愛子です! Aiko って呼んでください. 本日は私の自己紹介も少し含めて,今私が思っていることを恥ずかしいけれど正直に書きました. 『加藤愛子:不安と自信の無さの塊』 Girls in techってイケイケな人たちがやっている派手なイベントなイメージありますか? 明るくて楽しいイベントを世界中でいっぱいやってて,頭良くてデキる女子が作っているキラキラした組織!というイメージ,ありますか? 私,正直あるんですけど!笑 正確に言うと,ありました,自分がやるまで 私はもともと工学出身で製造業の技術職に就職しました.私の会社では,技術職は女性比率10 %以下で,いつもほぼ女性は私一人,という業界で,仕事をしてきました. 転機は2016年冬,大阪市主催のアクセラレーションプログラムで,シリコンバレーに行きました.私としては初めて起業家精神を学ばせていただいた,刺激的な機会でした.現地の先生や国内外のアクセラレーションプログラムを色々知りました. 帰ってきてそのまま,起業家の世界にはまり込み,自分もビジネスを作りました.しばらくし,私のビジネスの理念にも一致していた,サンフランシスコ発のGirls in Techの日本支部が欲しいと思い,Girls in Tech Japanを立ち上げました. 『起業家≒図太い心臓の持ち主?』 しかし,起業って本っっ当に難しいですね! 本当に山あり谷ありっていう言葉そのもの. サラリーマンでは正直気づかなかった辛さがあります. 傷のなめ合いじゃないけれど,そんな日々浮き沈みする心を話せる仲間が欲しいなぁと常々思っていました. 起業家って精神強くて心折れない なんてウソ. 私の場合,自分が作ったビジネスは,結局現在は会社の新規事業開発として実行に移せているのですが,それでも既得権じゃないけど,社内で少ない賛同者をどう探すか,いかに増やすか. 正直,時に心が折れます. わりと頻繁です. 少なくとも私は、話した人の表情だけで一喜一憂します.数時間で忘れることなど出来ません. 全然進捗が見えない時,凹みます. 遊びたくもなります. 寝たいです.(常に笑) メディアに取り上げられても, 自分は すごくない 何もできない と本当に思っています. ・・・そんな私が,Girls in tech Japanを運営しています.笑 HeadのAdrianaとの面接も,面接前は緊張で汗たらたら流しながらクリアしています. 『Aikoが考えるGirls in Tech』 だからこそ,私は, 本当にやれていない,自分一人で何もできない,何かやりたいけど分からない・・・みたいな複雑な気持ちを,シェア出来る場にGirls in techをしたいです. だからこそ,皆でGirls in Techを作って行きたいです. 製造業技術者の世界におりながら,起業家の世界に足を突っ込み今後も益々経験したい, 両方を知る身として,これからお役に立つことが出来たら良いなぁ なんて漠然と考えながら この文章重すぎ!?と不安に思いながら このブログを読んだ皆様と会えるローンチイベントを企画しています. 皆様にお会いできる日を楽しみにしています!