Select Page

皆様、明けましておめでとうございマウス!

2020年、はい、ネズミ年になりました!!

今年もGirls in Techを引き続きよろしくお願いしマウス!!!

ところで、、、新年早々ダジャレを連発している君だれやねんっと突っ込んでくださった方、ありがとうございます!新メンバーのMeinaです。

今回は自己紹介、そして、なぜ私がGirls in Tech(以下GIT)の活動を始めたのかについてお伝えします。


1.私について

・名前:金 美娜(Meina Jin or MJ)

・生立ち:中国で生まれ、中学校1年生の時に来日

・アイデンティティ:心は大阪人

・得意なこと:Salesforce、中国語、日本語、英語、韓国語

・趣味:ダジャレ、登山、ダンス、ミュージカル

・ロール:PR Manager(2020年1月から)


2.GITの活動を始めたきっかけ

私は大学4年生になる時に、一年間休学し、アメリカのワシントン州へ留学をしました。ワシントン州はマイクロソフトやアマゾンの本社があることで有名な州です。

IT分野で働いている人口比率が高い州なので、エンジニアの方と出会う機会が多かったです。現地では、様々なイベントを通してIT分野で活躍する方々と友達になり、今後IT技術が私たちの生活のあらゆる面に起こす革命について学ぶことができました。加えて、これからの時代を生きていく上で、英語などと同様に、ITに関するリテラシーも必要不可欠な教養になってくるということも痛感しました。

また、私の友達にはIT技術を武器にフリーランスとして家で働きながら子育てをする方々がいます。私もいつか家で働きながら子育てをしたいという夢があったので、彼ら/彼女らにとても憧れるようになりました。

このような出会いから、「ファーストキャリアはIT分野にする!」と決意し、ボストンキャリアフォーラムで縁があって都内の某IT企業のSEとして内定を頂くことができました。

しかし、大学の専攻が経済学だったこともあり、何から準備し始めればよいか分からなかったため、ITに関する知識を学べるコミュニティにはいって、同様の意志を持つ仲間と共に成長したいと思いました。そこで帰国後、自分に合うコミュニティをひたすら探していたところ、GITと出会いました。

私がGITの活動をサポートしたいと思ったきっかけは、私が目指している方向とGITのミッションが一致していたからです。これからの時代を生き抜く、技術に秀でた女性起業家を一人でも多く輩出するというミッションにとても共感しました!

※GITのミッションの詳細に関してはぜひこちらへGo!

※GITの過去の活動の詳細に関してはぜひこちらへGo!

GITと出会ってから約3年ほどになります。これまでは、仕事が忙しくボランティアとしてGITのイベントをサポートしてきました。GITのイベントをサポートする中で、運営陣はもちろん、ゲストの方々などたくさんの素敵な出逢いがあったことに感謝しています。

今年の1月からPR Managerとして、正式にGirls in Tech Japanのメンバーに加入しました!

一人でも多くの女性に「技術者になる」という選択肢に魅力を感じていただけるように、また、ビジネス面における技術の活用方法について知っていただけるよう、情報を発信していきます。

まだまだ至らないところがたくさんありますが、頑張りますのでよろしくお願いします!

 

敬意と感謝を込めて

 

Meina Jin