【新メンバー加入】声を上げ続け、架け橋となる――私の原動力とは?

 

皆さま、はじめまして!

という挨拶が、果たして適切かどうかわからないほど、時間が経ってしまいましたが。

2016年1月よりEvent Managerを務めております、伊集院 妃芳(いじゅういん ひめか)です。

 

今回は自己紹介を兼ねて、GITへの想いを少し語りますのでお付き合いください!

 

 

 

 

 

 

 

 

私がGirls in Tech Japanの活動を知ったのは、ちょうど1年前の2016年7月。

自身のFacebookの投稿がきっかけで、GITの代表、愛子さんと繋がることができました。

その投稿とは、私の母校・東京理科大学の、経営学部で開かれる

「アントレプレナーシップ入門」という講義で講演させていただいたご報告でした。

 

 

実は私、理科大在学中は化学を専攻していましたが、新規事業のお手伝いやビジネス書の編集等

課外活動に精を出す学生で、そのうち化学よりもスタートアップに興味を持つようになりました。

「スタートアップと言えばシリコンバレー」

そんな声をどこかで聞いたことがきっかけとなり、2015年9月から3か月間、

シリコンバレーで女性起業家のアクセラレータプログラムを提供する

Women’s Startup Lab(WSLab)にてインターンシップをさせていただいていました。

理科大では留学、ましてインターンシップでふらっと留学する学生は相当珍しく、

その経験や物事の考え方を評価していただき、何度か講演の機会をいただいています。

 

 

ここで少しだけ留学中の話をさせてください。

先ほど「起業」に興味がある、と説明しましたが、私自身が起業したかったのではなく、

本当は「女性が起業する上で何が必要なのか」に興味がありました。

新規事業を手伝う上で感じた、マンパワーの必要性や勢い、想い――。

既存事業での仕事の仕方のイメージと異なる環境は、

当時女性のキャリアについても考えていた私にとって衝撃だったのです。

 

「女性がライフイベントもキャリアもやりたいことも大事にしようと思ったら、なにが必要なのか」

この答えを探しにシリコンバレーに行きましたが、現地ではもっと壮絶なことを学びました。

・シリコンバレーはボーイズクラブと呼ばれる程、男性社会であったこと

・女性起業家の事業には投資がつきにくいこと

・投資家による女性起業家へのセクハラ

・・・

こうした女性起業家の声を聞くたびに、胸が苦しくなりました。

同時に、留学前までは考えたこともなかった、「日本は本当に男女平等なのか?」という疑問も出てきました。

現地で現実を知ったものの、何も解決できない自分にもやもやしながら帰国後も過ごしていたときに

愛子さんと、そしてGITと出会うことができました。

 

 

私がGITで活動する一番の理由は、留学時から抱えるもやもやを解決するため、つまり

「一生懸命頑張る人が平等に評価されるようにしたい」からです。

決して、女性が優遇されるべきと考えているわけではなく、今、私ができることは

女性の活躍に関して声を上げ続けることで、そうしたらいずれ平等に評価される時が来ると思っています。

 

 

こうしたきっかけで、私のGITでの活動がスタートして半年が過ぎました。

今は、上記の理由ともうひとつ「学生・若手と先輩の架け橋になりたい」という想いがあります。

GITの活動を通じて出会う皆さんは、本当に素敵な方ばかりで

ぜひ学生時代や、出来るだけ若いうちに(キャリアやスキルが成熟する前に)会えると

その後の人生が面白くなると実感しています。

まだ大学を卒業して数年の私だからこそ、学生のことも社会人のこともわかる。

架け橋のような存在になれるかもしれないと思っています。

 

 

まだまだ至らぬ点ばかりで、運営もコアメンバーやボランティア・参加者の皆さんに

助けてもらってばかりではありますが、一つひとつ、できることを精一杯頑張ります。

 

今後ともGITを応援よろしくお願いいたします!

一緒に盛り上げていきましょう!

 

 

 

 

 

 

2017.1.27  IT Women’s Pitch Nightにて

2 thoughts on “【新メンバー加入】声を上げ続け、架け橋となる――私の原動力とは?

  • IT Women’s Pitch Night でお会いした杉本です。その時も少しお話しする機会がありましたが、アメリカ生活経験、外資系IT企業歴数十年とお役にたてる事があるかもしれません。

    よろしくお願いします!!

    • 杉本さん、コメントありがとうございます!1月はIT Women’s Pitch Nightにお越しいただきありがとうございました。ぜひ、一緒に活動に参加していただきたいです!今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です