Tech in Asia TokyoにてWomen Entrepreneurとして学んだこと

Managing Directorの加藤愛子です!
9/6,7にTech in Asia Tokyo 2016に行って参りました!

Tech in AsiaさんはGirls in Techの女性たちをWomen Entrepreneurというくくりでご招待してくださいました.
この場を借りて感謝申し上げます.%e5%ba%83%e5%9f%9fsmall

2日間のイベントの中で特に,グロービスキャピタルパートナーズのの 高宮慎一さんがインタビューされた,
Andreessen Horowitz社のJeff Jordanさんの話が一番印象に残っております.

Andreessen Horowitz社は,skype,twitter,e-bayやpaypal,pinterest等に投資をした,世界的な巨大VCです.Airbnbにはまだ社員が28人の時に投資をしたそうです.
いくつか(個人的に)勉強になったことを記載します.

 

<ベンチャー投資においてスケールを判断するcriteria>
①Business Model
②productが人に愛されているかどうか
③CEOがgoogleのLarry Pageや,AmazonのJeffrey Bezos,FacebookのMark Zuckerbergのように“良い人”であること.また入ってくるお金に耐えられる人であること

<スケール化の重要性>
最初にネットワーク効果を利用して大きく早くスケールすることは非常に重要.
コミュニティーを沢山のリスクを取って強化することと,最初のproductが市場に合うか,市場の最適化が大事.
Airbnbほど大きく早くスケールしたものは今まで見たことがない.一方,Airbnbは規制がリスク
paypalやpinterestは早く売り過ぎたと思っている
(なんて後悔話もおっしゃっておられました)

 

<proffesional CEOと創設者の違い>
雇われCEOの場合,市場の状況が変わった時にproductを変えることが大変だった.
本当にproductを理解していることが重要.
必要あらば問題の核心に飛びこめる人であること,柔軟性・弾力性があること.
(日本語のサイト:http://techbabies.net/blog/andreessen-horowitz-venture-capital-startup/
にも,Andreessen Horowitz社の特徴として,「伝統的なVCのように成長期に入ったスタートアップの起業家をプロのCEOに交代させるようなことはせずに、起業家自身がプロのCEOに成長するための手助けを重視しています」との記載がありました)

<グローバル化の時に現地社長はどんな人にするか?>
local cultureの中で発揮できる,一般的なマネジメント能力がある人

<投資してくれる先の選び方>
自分のビジネスを理解してくれるところ.
意見の相違と対立は違うので,高く評価してくれたところを選ぶのとはまた違う
有益なネットワーク構築の能力があるところ
backgroundが多様であればあるほど良い

とのことでした.

(簡単すぎるまとめて申し訳ございません!!!)
人をよく見ており,スタートアップ企業との信頼構築を大切に,互いの強みを活かして新businessを一緒に実行することを重視されているのだなと感じました.
起業家の人のみならず,新規事業ご担当者の方にも参考になれば幸いです!

Aiko

%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97small

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です