Select Page

 

 こんにちは。Girls in Tech Japan運営メンバーのSayakaです。

 

Girls in Tech Japanの立ち上げを行う中で、「何故はじめようと思ったんですか?」とよく聞かれるのでまとめてみました。

 

始めたキッカケ

 

2016年2月に大阪市のシリコンバレーツアーに1週間参加して、海外で活躍する日本人や帰国して輝く女性の話を聞きました。
そこで「皆頑張ってる」「私もなにかやらなきゃ」と思って始めようと思いました。

 

帰国して、「じゃあ私は何をしたくて、何が出来るか」って考えました。

 

自分が好きな【テクノロジー】と【起業家精神】と【教育】の3つのキーワードは外せないと思いました。

 

 また、私自身苦労した経験や課題だと感じていた部分を解決したいと思っていました。

 

【地方のテクノロジー業界と女性のギャップが大きすぎる】
【日本にいると世界と繋がる場所って中々ない】
【プログラミングを学びたい、テクノロジーや起業に興味があるけれども、最初にエンゲージできるコミュニティがない】

 

これらを解決できる何かをしようと思いました。

 

そして、出来ることは何か、というと
私は数年前にアメリカに1年留学し英語に対して抵抗はないので、海外と日本を繋げることは出来る、と考えました。

 

そこで色々調べるうちに出てきたのが、Girls in Techでした。
Girls in Techのキーワードが、【Women】【Tech】【Entrepreneurship】です。

 

 GITが活動するときに焦点を当ててるのが、教育エンゲージメントエンパワーメントだったんですね。

 

私の持っていたキーワードと、課題に感じていたことが、ドンピシャにマッチしてました。

 

実際ホームページからは一体何をやってるのか分からなかったけれど(笑)、キーワードがドンピシャだったので、これの日本版をやろう、と決意しました。
これが私の始めたキッカケです!

 

お問い合わせ:sayaka.tanakaあっとaprilrieger.tech