Women. Technology. Entrepreneurship.

Blog

【新メンバー加入】声を上げ続け、架け橋となる――私の原動力とは?

投稿しました 07.12.2017

  皆さま、はじめまして! という挨拶が、果たして適切かどうかわからないほど、時間が経ってしまいましたが。 2016年1月よりEvent Managerを務めております、伊集院 妃芳(いじゅういん ひめか)です。   今回は自己紹介を兼ねて、GITへの想いを少し語りますのでお付き合いください!                 私がGirls in Tech Japanの活動を知ったのは、ちょうど1年前の2016年7月。 自身のFacebookの投稿がきっかけで、GITの代表、愛子さんと繋がることができました。 その投稿とは、私の母校・東京理科大学の、経営学部で開かれる 「アントレプレナーシップ入門」という講義で講演させていただいたご報告でした。     実は私、理科大在学中は化学を専攻していましたが、新規事業のお手伝いやビジネス書の編集等 課外活動に精を出す学生で、そのうち化学よりもスタートアップに興味を持つようになりました。 「スタートアップと言えばシリコンバレー」 そんな声をどこかで聞いたことがきっかけとなり、2015年9月から3か月間、 シリコンバレーで女性起業家のアクセラレータプログラムを提供する Women's Startup Lab(WSLab)にてインターンシップをさせていただいていました。 理科大では留学、ましてインターンシップでふらっと留学する学生は相当珍しく、 その経験や物事の考え方を評価していただき、何度か講演の機会をいただいています。     ここで少しだけ留学中の話をさせてください。 先ほど「起業」に興味がある、と説明しましたが、私自身が起業したかったのではなく、 本当は「女性が起業する上で何が必要なのか」に興味がありました。 新規事業を手伝う上で感じた、マンパワーの必要性や勢い、想い――。 既存事業での仕事の仕方のイメージと異なる環境は、 当時女性のキャリアについても考えていた私にとって衝撃だったのです。   「女性がライフイベントもキャリアもやりたいことも大事にしようと思ったら、なにが必要なのか」 この答えを探しにシリコンバレーに行きましたが、現地ではもっと壮絶なことを学びました。 ・シリコンバレーはボーイズクラブと呼ばれる程、男性社会であったこと ・女性起業家の事業には投資がつきにくいこと ・投資家による女性起業家へのセクハラ ・・・ こうした女性起業家の声を聞くたびに、胸が苦しくなりました。 同時に、留学前までは考えたこともなかった、「日本は本当に男女平等なのか?」という疑問も出てきました。 現地で現実を知ったものの、何も解決できない自分にもやもやしながら帰国後も過ごしていたときに 愛子さんと、そしてGITと出会うことができました。     私がGITで活動する一番の理由は、留学時から抱えるもやもやを解決するため、つまり 「一生懸命頑張る人が平等に評価されるようにしたい」からです。 決して、女性が優遇されるべきと考えているわけではなく、今、私ができることは 女性の活躍に関して声を上げ続けることで、そうしたらいずれ平等に評価される時が来ると思っています。     こうしたきっかけで、私のGITでの活動がスタートして半年が過ぎました。 今は、上記の理由ともうひとつ「学生・若手と先輩の架け橋になりたい」という想いがあります。 GITの活動を通じて出会う皆さんは、本当に素敵な方ばかりで ぜひ学生時代や、出来るだけ若いうちに(キャリアやスキルが成熟する前に)会えると その後の人生が面白くなると実感しています。 まだ大学を卒業して数年の私だからこそ、学生のことも社会人のこともわかる。 架け橋のような存在になれるかもしれないと思っています。     まだまだ至らぬ点ばかりで、運営もコアメンバーやボランティア・参加者の皆さんに 助けてもらってばかりではありますが、一つひとつ、できることを精一杯頑張ります。   今後ともGITを応援よろしくお願いいたします! 一緒に盛り上げていきましょう!             2017.1.27  IT Women's Pitch Nightにて

6/16 Startup Hub Tokyoで話してきました!

投稿しました 06.25.2017

Aikoです. 6/16(金)にStartup Hub Tokyoさんにて, 『会社を辞めないと起業できない?! ―様々な起業の選択肢―』 というイベントのパネルディスカッションに登壇してまいりました!     見て!この大勢の方々! Startup Hub Tokyo史上,最高人数の100人超えだったそうです!ご来場いただきありがとうございました!!! とっても緊張しました.笑 申し込み時点でお断りもしていたそうで,来られなかった方,大変申し訳ありません.   特に,会社員をしながら起業を志している方を対象に, ■企業にて取締役を務めながらAIベンチャー株式会社エクサインテリジェンス を立ち上げた粟生万琴さん ■企業に勤めながら社外にて新規事業担当の方々が集まるコミュニティー活動を続け,のちにノバルス株式会社を起業された 岡部 顕宏さん に混じって,いっちょ前に話させていただきました. ■モデレーターは 企業に勤めながら一般社団法人Work Design Lab を立ち上げ,「複業家」をされている石川 貴志さん でした. 粟生さんから事前に聞いていた通り,とても分かりやすく話を振っていただきましたし,イベント前に沢山話かけていただき,緊張が和らぎました.     そして,なんと言っても本当に驚いたのは,まず来ていただいていた方々の中で,私と同じように,パネルディスカッションに登壇出来るような活動をされている人が沢山いらっしゃったということ!!! 何かやろうとして迷ってる方もいらしたのですが,もう実は立ち上げちゃってて,どうするか迷っていると,言われるのです!     私は「ただの集まりです」といいながら,でも毎度同じような意識の人が集まって,お酒をかわしながらでも,とにかくしゃべっている,という集まりが大好きですし,すごく価値があるものと個人的に思っているので, どんな種類であってもどんな規模であってもコミュニティー作っちゃった人って本当に尊敬しております. ですので,本業のお勤めをされながら,社外で別の活動を推進されている方が,世の中こんなにいるのか!と,まず驚き,そしてなぜか不思議と心強く思えた機会でした. みんな頑張ってるんだから私もやれる!みたいな勇気が湧いてきました! (ここでコスイ私は,今日来てる人の人材プールめちゃ価値高いぞ,なんて思ってしまうほどでした!!! それほど驚いたのでした.)     こんな機会をいただいた,Startup Hub Tokyoの杉浦さん,野崎さん,ありがとうございました!     そして,毎度恒例の,イベント登壇に便乗しておきながら,イベント後に粟生さんに人生相談して帰りました.いつもありがとうございます粟生さん!   多くの方々と知り合いになれて本当にためになった機会でした. 私のお話が少しでもご来場者の参考になっていれば嬉しいです! ありがとうございました!      

ビジネスサービスプロバイダー,ヴェレッド・フェルベルさんインタビュー

投稿しました 06.11.2017

Aikoです! 1月末にイスラエルへ行って参りました! イスラエルと日本は,2015 年1 月に「対日経済関係強化のための3 カ年計画」を閣議承認して以降,国交が大変盛んになっており,私が渡航できたのも,イスラエル大使館のYoung Leadership programの取組みでした. さて,イスラエルにて,女性ライターとして活躍されているコハヴさんの寄稿第二弾は,私もYoung Leadership programでお会いした,Veredさんです!    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// こんにちは!イスラエルのコハヴです。今回は、2000年にThe Asian Institute社を創設、現在CEOとして、日本とイスラエル間のビジネスを取り持っているヴェレッド・フェルベルさんから、今やイスラエルの輸出の主要部分を占めるようになったハイテク産業の実情についてお伺いしました。   ――まずThe Asian Institute社の事業内容を教えてください。 日本とイスラエルが文化やビジネスの仕方の違いを超えて、スムーズに取引できるよう、両国間のビジネスコンサルティング事業をしています。相手国のビジネスパートナーを探したり、アジアで交渉する方法をコーチングするといったような、ビジネスマンのトレーニングもします。その他にも日本語を含むアジアの言語の翻訳サービスや、日本語・韓国語・中国語の語学講座も開いています。   ――これまで数多くの企業間の架け橋役をしてこられましたが、今はどんな分野が多いですか。 最近は9割以上がハイテクですね。イスラエルは革新的な技術を次々と生み出していますから、日本企業が必要な技術を探しに来たり、日本市場への進出を目指すイスラエル企業に、日本のパートナーを探すお手伝いしたりしています。   前在イスラエル日本大使と   ――ヴェレッドさんは、どのような経過で起業に至ったのですか。 日本との出会いは、偶然でした。友人と行先を決めないアジア旅行へ出た時に、日本にも立ち寄ったんです。他のアジア諸国とは全然違っていて、文化も食事も、人々の尊厳もすっかり気に入りました。2度目の来日では国際協力機構広尾センター(当時)で日本語を学び、結局7年間滞在しました。イスラエルへ戻ってから、日本との関係を続けられる仕事をしたいと考えて、起業しました。   ――イスラエルのIT技術は引く手あまたですが、具体的にどのような分野に需要がありますか。 イスラエルの技術で世界の最先端と言われているものには、サイバーセキュリティ技術、AI、医療や農業のバイオテクノロジー、人間の頭脳の研究などがあります。癌の新しい治療法の開発もありますよ。   ――イスラエルのハイテク界の女性は、いかがでしょう。 女性にも兵役がありますから、だいたい20歳くらいからIT技術を学び始めてキャリアを積んでいきます。起業は、27~28歳くらいでする女性が多いようです。女性ハイテク労働者のミートアップも行われていて、今ネットワーク作りがとても盛んです。   ――起業を考えている女性に、何かアドバイスがあったら教えてください。 そうですね、失敗を恐れないことです。失敗や成功の実体験からだけ、物事は学べるものですから。それからキャリアのために結婚・出産などを先延ばしにしたり、諦めないでほしいと思います。女性起業家は周囲の助けなしには無理ですから、助けを得ればいいのです。   ――ヴェレッドさんは、マラソンランナーとしても知られています。 ここ8年ぐらい、ハーフマラソン(21.5キロ)を走っています。いつもは音楽をかけて海岸を走るんですが、いいアイデアも浮かんできますし、走るために体も整えなければならないので、食生活も健康になります。走ることは私のセラピーなんです。   マラソン競技会にて、右から2人め   インタビューを終えて  昨今中国のイスラエルへの投資が積極的になっていることについて、ヴェレッドさんは、それでもイスラエルが求めているのは日本なのだと言います。日本とイスラエルの間には何か特別な絆があると、彼女は信じてやまないようです。 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////  

イスラエルの女性起業家、ショシ・カガノフスキーさんインタビュー!!

投稿しました 05.14.2017

Aikoです! 1月末にイスラエルへ行って参りました!イスラエルは第二のシリコンバレーと呼ばれており,政府のデータで年間1000社以上startupが誕生しているとのこと! このような起業が盛んなイスラエルにて,女性ライターとして活躍されているコハヴさんが,Girls in Tech Japanへ寄稿してくださいました!!! 私もイスラエル滞在中にお会いした,イスラエルの女性起業家ショシさんを取材した記事です!    /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 初めまして。「スタートアップ大国」イスラエル在住ライターのコハヴです。日本のハイテクに携わる女性の皆様に興味を持っていただけそうな記事をお届けしたいと思っています。よろしくお願いします。   さて、現在イスラエルでハイテク産業に占める女性の割合は35.5%。シリコンバレーでは女性エンジニアが20%、管理職が11%と言われますから、男女間の格差はイスラエルの方が小さめです。   それでもやはり珍しい存在と言える、ハイテク界の若手女性起業家ショシ・カガノフスキーさんに今回はインタビューを試みました。ショシさんは、エネルギー部門のスタートアップSensoLeakの創設者兼CEOとして現在、クライアントと会うために、年間200日は世界各地を飛び回る多忙な女性です。同社はイスラエルを皮切りに世界に26社の顧客を持ち、潜在的な顧客へのパイロットプログラムも複数展開しています。   ――まずSensoLeakという会社は、何をする会社なのか教えてください。   当社は、石油漏れ、ガス漏れ、水漏れなどを探知したり、それが起きそうなところを事前に探し当てるテクノロジーを扱っています。探知精度は100%。既存の方法では探知までに時間がかかるために生ずる多額の損失を防ぐことのできる、世界唯一の技術です。   ――それは、石油などのパイプに取り付けるものですか。   いいえ、ビッグデータ解析を使ったソフトウェアです。取り付けの必要はありません。そして何にでも応用が利きます。   ――何にでも応用、というと?   たとえば風力タービン市場にも適応できます。タービンにあるごく小さな問題も検知して早期に対応するので、大きな被害を未然に防ぐことができます。   ――ということは、ショシさんは技術関係を学ばれてきたということですよね。   いいえ、イスラエルのハイファ大学では、英文学とアジア研究で日本語を学びました。日本にとても興味があったんです。特に漢字の勉強が好きでしたね。   ――文科系の出身で、どうやってこのようなスタートアップを創ることができたのですか。   私は教職もとっていて、16歳から外国語としての英語などを大人や子供に教えてきたのですが、教えること自体は好きでも、何か物足りなさを感じていました。それである時思い立ってMBA(経営学修士)を取ったんです。そのあとコンサルタントとして働きましたが、ちょうどこの技術を持った人と出会って、彼には技術はあってもマーケティングの術がなかったので、いっしょにやることにしました。必要な技術はすべて独学しました。コーディングなどもインターネットで。   ――独学ですか。すごいですね。どのような家庭で育たれたのですか。   私は小さいときにロシアから、母と姉といっしょにイスラエルに移住しました。父はすでに亡くなっていました。母は14歳で医学部に入って、外科医として20年の経験を積んでいましたが、イスラエルに来るとまずヘブライ語から学び直さなければなりませんでした。その後も試験などがあり、結局医師として働くことができずに、幼稚園の経営をしました。 私は9歳から母に代わって家計を担当するような子供でした。姉はそういうことに興味がなかったので。母はロシアで親たちがするように、私に才能を伸ばすようなことを色々やらせてくれました。   ――起業家でいると、世界を旅することが多かったり、何かとストレスも多いと思うのですが、それでもあなたを起業に駆り立てるものは何でしょうか。   もともと好奇心が強くて、何もしないでいることができない性格ですし、挑戦することが好きなんです。今の会社の前にも二つスタートアップを起こしています。起業家としては、世界をより良い場所にしたいという使命感がありますし、難しいことを乗り越えた時の感覚は格別です。   ――日本企業ともすでに会話を持たれているということですが、印象はいかがでしたか。   エネルギー業界では欧米にも同じ傾向がありますが、日本ではどこの会合もまったく男性ばかりでした。私の名前から男女の判断ができないらしく、このようなソフトウェアを扱っていることで、最初は男性と間違われることもよくあります。     ――身長も高いですね。   ええ、180センチ以上ありますから、ハイヒールを履いて写真を撮ると私の方が男性より背が高くなってしまうこともあります。   ――男性顔負けといったところですね。では最後に、独立したいけれども踏み出せないでいる女性エンジニアに出会ったら、どんなアドバイスをされますか。   起業には、まずやるぞと決心することです。そこからすべてが始まります。恐怖心が問題ですから。新しいベンチャーを始める前には、市場や潜在的な競争相手、資金調達など周囲の環境に臭覚を研ぎ澄ますことをお勧めします。     インタビューを終えて   「臭覚を研ぎ澄ます」という表現が、大の犬好きのショシさんに何ともぴったりでした。 エネルギー界は中間層のいない業界ということで、若い人には技術を理解してもらえても、決定権のある管理職には分かってもらえない、あるいはその必要性を理解してもらえないという苦労があるとのこと。しかしそんな苦労も楽しんでいるかのように見える彼女。バイタリティあるイスラエルの若手女性起業家として、この先の活躍がますます楽しみです。   /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// コハヴさん,寄稿ありがとうございました!!! Aiko

イベント & キャンペーン

チャプターイベント

イベントタイトル都市
現在チャプターイベントの予定はございません

コーポレート イベント

イベントタイトル都市
11/17/2017Girls in Tech's Gala Fundraiser & Awards CeremonySan Francisco, CA US

プログラム

チャプター

Jobs

Job TitleJob Type場所詳細
Traffic Security EngineerFull Time場所を厭わないLocation: Remote or San Francisco, CA Summary We are looking for an Operations Engineer to join our Technical Operations team. Would
Mozilla: Computer Vision and AR Browser Research EngineerFull Time場所を厭わないOver the years, researchers and hobbyists have experimented with building Augmented Reality experiences using web technologies, typically by trying
Mozilla: Engineering Manager, JavaScript TeamFull Time場所を厭わないEngineering Manager, JavaScript Team *Location: All Locations (Toronto preferred) Are you passionate about the world's biggest software platform that isn't owned? Are
Mozilla: Research and Experiments EngineerFull Time場所を厭わないMozilla is looking for a Research and Experiments Engineer to support the expanding intelligent systems team in scaling up
Mozilla: Senior Data EngineerFull Time場所を厭わないThe target locations for this position are; Mountain View, San Francisco, Portland, Toronto, Vancouver, Berlin, Paris, London, Denver, or
Mozilla: Senior DevOps EngineerFull Time場所を厭わないLocation: North America (remote or in one of our offices) Senior DevOps Engineer About the Team Mozilla’s Services Operations Team is looking for

About Us

Girls in Tech(GIT)は、勢力のある女性起業家とテクノロジー業界にいる女性のエンパワーメント、エンゲージメント、教育にフォーカスしたグローバルな非営利団体です。私達の目的はテクノロジー業界で働くイノベーティブな女性の成長と成功するスタートアップをつくることを加速することです。

2007年2月にAdriana Gascoigneが設立しました。Girls in Tech は女性のアイデアをブラッシュアップしたり、新しいスキルを学んだり、STEMフィールドのキャリアを促進するためのプラットフォームを提供する必要性から生まれました。

Girls in Tech(GIT)は、ヘッドクオーターはカリフォルニアのサンフランシスコにあり、世界には複数のチャプターがあります。例えば、フランスのパリ、ドバイ、アラブ首長国連邦、インド、ブラジルのサンパウロなどです。

Girls in Tech(GIT)は、メンバーに彼らの教育上とプロフェッショナルな熱望を促進するための様々なリソースとカリキュラムを提供します。

プログラムはLady Pitch Night, Catalyst Conference, Coding and Design Bootcamps, Hackathons, XChange, Global Classroom, GIT WORK, などがあります。

icon-empowerment-150x150

Empowerment

テクニカル面と起業家精神面の能力を伸ばし、業界内でイノベーティブな女性になったり、知恵をシェアしたり、業界内での影響力を持つことをインスパイアします

icon-engagement

Engagement

テクノロジーのパワーを利用し、女性に彼らの未来をつくっていく、世界を民主化にしていきます。

icon-education

Education

STEMフィールド上の先進的なカリキュラムとプログラミング教育を通して、学びとスキルを確立することをファシリテートします

Join Us

メールでニュースやアップデートを受け取るために、あなたの情報をいれてください

Sponsors and Partners

The Team

AIKO KATO

AIKO KATO

Managing Director

Ro Cho

Ro Cho

Advisory Board Member